ニキビは予防が第一です。

ニキビは対策よりも予防が重要な理由

ニキビは1回できてしまうと、回復するのに時間がかかるうえにクセになる事が多いので予防が第一です。 まず肌そのものの清潔さと、充分な水分が必須です。 洗いすぎは逆効果ですが、多すぎる汗やほこり、汚れがついたまま長時間いる状態は肌の表面で雑菌が繁殖し、毛穴周辺についている皮脂の近くで皮膚トラブルの原因となってニキビの原因のひとつになります。 不快感を感じるレベルの汗やほこり、汚れを感じたら洗い流して皮膚の表面を清潔にしておきましょう。肌の水分が足らない事が原因で皮膚に炎症がおこったり、肌トラブルが起こる事は多々あります。 毎日のニキビケアの中で水分補給は重点的に行って瑞々しく強い肌を保ちます。さらに毎日のケアでは余計な刺激と紫外線の対策を行います。こすり過ぎ、はたき過ぎが原因でニキビや色素沈着が起こる事もあります。

こすり過ぎは絶対NG

こすり過ぎ、はたき過ぎは皮膚にとっては余計な刺激になるので、これが原因でもともとあったニキビの原因が強化されて、肌表面に症状が出てしまうケースは年間を通じてあります。 洗顔や毎日のケアの中でのこすり過ぎ、はたき過ぎを極力避けて肌トラブルの原因となる事を生活の中から、遠ざけてゆきます。紫外線はしみやシワの原因を作るという事もありますが、もともと肌の中にあったニキビの素を表面化させて症状を出してしまうという事も充分あります。 毎日のケアの中での水分補給や刺激を遠ざけるという行動の他に紫外線カットの為の対策を行います。紫外線対策の品の中では肌に負荷がかかる品もあります。 まめに肌につけなおす事と、必要無くなったら、すぐ洗い落すよう、習慣づけましょう。ここまでケアをして、間に合わずに症状がおもてに出てしまったら、自分で治そうとせずにまず皮膚科に相談しましょう。 症状が軽いうちに治療を始めれば、肌に跡を残さずに回復する事も出来ます。予防の為の行動は毎日の生活の中でも充分行う事が出来るので、行動し始めたら習慣として定着させてしまいましょう。

おススメサイト